カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

いつもの小山(総社・福山)歩き、平年の気温にもどり暑い中を歩く

いつもの小山歩き、週課のなかで初日の歩き、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/21 09:40ごろ)

 先日から朝晩に冷えがあったが今日は平年並みに戻り年寄りには動きやすい気温となったが逆に山頂に着く頃には汗だくになってしまうことになる。まぁ この汗をかいて気分転換するために歩いているので意に沿ったものである。

 今日は雨上がりでないものの以外と見通しがよい、山頂東側から岡山方面がよく見える

201805216

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、今日はスッキリとした青空がきれいである

201805217

 山頂西側のあづまや

201805218

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201805219

 今日はいつもの常連さんとすれ違うことなく静かな歩きとなった。それでも この福山の階段を歩いていると数パーティの方々とすれ違うのでウィークディでも歩く人が絶えない楽しめる山である。

孫達作のデザート

家族の誕生日に孫達が作ったデザートをメモっておく(2019/5/20 夕餉)

201805213

 コーヒーゼリー、プリンに飾りをトッピング...

201805215

上記画像の被写体を俯瞰すると...

201805214

 こういうお遊びものもありました...

201805211 

いつもの小山(総社・福山)歩き、気温低めで風強く眺め良し...

いつもの小山歩き、週課の末日の歩きで深夜までの雨が上がり涼しい中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/19 09:30ごろ)

 昨日は夕方から雨になり夜半には雷雨となって強めの雨が降った、その後、雨は止み 今朝は曇りで気温も下がり風の強い状況であった、そのおかげか 福山山頂から岡山方面を望むと非常にクリアな風景を楽しむことができた。毎度の北長瀬駅そばにある白いドーム型体育館がくっきりと近くに見える

201805191

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、山頂の木々も雨のおかげで緑が濃くみえる

201805192

 山頂西側のあづまや

201805193

 山頂西側から清音、真備方面を望む、こちらも気温が低めで風が強いことによるのか遠くがクリアにみえる

201805194

 今日は私の登りで いつもの常連さんと450段あたりですれ違った、これくらい差があるとUターンされてきても私の直ぐ後ろに迫ってこられることはない...(^^;
 私が山頂でいつもの写真を撮って階段を下り始めたらまもなく登ってこられた、これはこれでなかなかのハイペースで上がってこられているはずである。「お疲れ様です、お気を付けて」と言葉を交わして別れた次第である

いつもの小山(総社・福山)歩き、何やら挙動不審な車が...

いつもの小山歩き、週課の中日で曇り空のもと蒸し暑いなかを歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/16 09:25ごろ)

 天気予報では晴れマークなのだが現実は曇りで青空が雲の切れ間から少しだけ覗いている状況で 気温高め、暑い...

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである。ツツジはすっかり花を落とし濃い緑のみが目立つ

201805161

 山頂西側のあづまや、ず~っと休んでいる方がおられたので失礼ながら横を向かれているときに撮らせて頂いた

201805163

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201805162

 ウィークディのまっただ中なので歩いている人は少ない...

 さて... 
 歴史広場の車止めに車を入れようとバック走行していたら そこから車が出てきたので自車を左側によけていたら 出てこようとしていた車もそこで駐まっている。こちらが避けて止まっているのでさっさと出ていってくれれば助かるのだが... 
 なかなか動かないので自車のハザードをつけてバック徐行を開始して、その車をよけて車止めの奥のほうに駐めた。登山靴に履き替えてリュックの準備をしていたら 先ほどの車がバック徐行で車止めの方に入ってこられた。かなりの距離をとって停車されてじっとしている、ドライバーの方はルームミラー、サイドミラーで自車の方を見ているようである。登山を行う素振りはまったくなく車に乗ったまま後方を見ているようだった。 こちらはリュックの準備も終わり出発する状態になったが 依然と前方の車から降りて歩く準備をすることなく 開いている窓から肘をだしている状態でまだじっとしている。
 車の距離感といい ドライバーの挙動といい 以前にあった車の置き引きが私の脳裏をかすめていたので こちらがしびれを切らしてデジカメを持ち出し 自車を含めて写真を撮ろうとしたら ず~っと前方に駐めている車が前に動き出した。こちらが前に出ると さらに前方に動いて視界から見えない状況になった。
 自車のドアロックを確認して階段歩きを開始した次第である。その最中にも前方にあった車の所在を探して見たが見あたらなかった。

 まぁ、自車がバック徐行でこの車の後ろになり車止めに入っていくときの状況がドライブレコーダに記録してあるのでその動画を保存しておく。その部分を再生してチェックするとすべてわかる状態で撮れていた。

いつもの小山(総社・福山)歩き、雨上がりで湿度高く暑い

いつもの小山歩き、週課の初日の月曜、昨日は一日じゅうしとしとと雨が降っていたが今日は回復して暑い日のなかを歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/14 09:25ごろ)

 昨日の雨が上がり、今朝はお日様が出て風が無いため空気がよどんでおり 木々の間にはうっすらともやのようなものがかかっているところもある中を歩く、まぁ~ マイナスイオンの中を歩いていると思えば幾分気分も軽くなる...
 なので山頂に上がっても遠望が利かない、山頂東側から岡山方面をみても北長瀬の白いドーム体育館がぼんやりと見えるくらいで少々もやっている。

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、東側のベンチは無人でひっそりとしていた

201805141 日陰が恋しい時期になってきた

 忠魂碑の両側のツツジもすっかり花が落ちてしまっている
201805142

 山頂西側のあづまや、休憩されている方がおられたので遠くから撮る

201805143

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201805144

 今日は階段のハイク道が水浸しのところ、湿っぽくなっているところが多くあり滑らないよう気を付けながら歩く。
 私が登っているとき150段ぐらいにある階段と横断道が交差するあたりで 年齢をかさねた常連さんに出会う...
 (常連さんは通常、山頂から下りてきてすぐUターンして山頂まで戻る歩き方をされている人である)
 私は登り始めたところなので 常連さんを追い越させてもらおうと一声かけて先にいかさせてもらった... でも すぐ後ろで息使いを感じる...(^^; どうやら私の後をついてきているいようだった。そのうち800段をこえたあたりから息使いの音が聞こえにくくなった、後ろを見るのも気が引けるので そのまま私は自分のペースで山頂まで歩き続けた。いつものごとく山頂東側の様子を画像に撮り 階段の降り口まで戻ってきた頃に 常連さんが山頂に登り着いてこられた。 お疲れ様でしたと声をかけたら 常連さん曰く 私について登ろうとしたけれど無理だった とお互いねぎらいのことばをかけて分かれた次第である。全くの他人でこの階段登りですれ違うだけの方だが こうやって気軽に言葉をかけられることに山の楽しさがあると思う...

いつもの小山(総社・福山)歩き、飛行機雲が長く残っている、天気が下り坂の証拠...

いつもの小山歩き、週課の終わり日でよい天気のもとを歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/12 09:25ごろ)

 今日は朝からお日様が出ている天気だがなんとなく湿っぽい感じがする、人間の五感...
 この付近の上空は民間の飛行機が交差することが多いのか このような飛行機雲が縦横に残ることが多い。そして飛行機雲が長く残るのは上空の湿度が高い証拠で つまり天気が下り坂であることが多い(ちなみに明日は雨の予報...)

201805124

 今日はお父さんと2~3才の女児二人をつれたパーティ(家族連れ)が階段を登っておられた。おしゃべりの方が多いような状況だったが約500段のところで追い越したので「おはようございます。後700段 がんばってね」と声をかけておいた。(我が家にも似た歳の孫が同居しているので何となく親しみがわく) 私が山頂から下りてくると 800段手前でそのご家族連れと出会った。道を譲りながら「あと400段だから がんばってね」と声をかけておいた。山頂までは無理かもしれないが きっと 良い経験になったことと思う。

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201805121_2

 山頂西側のあづまや、直前まで休憩されていたパーティが離れて行かれたので誰もいない佇まいを撮った。この方向から撮ったのは久し振りである

201805122

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201805123

 今日はこの階段でトレーニング?を行われている方がおられた。10段目のあづまやにその方の飲料等がおかれており 私が通りがかったときにあづまやから走って上がって行かれた... 毎度、同じことを寄稿しているが ここはハイク道で老若男女が息を切らしながら登ったり下りたりしているところである。まして今日は幼児2人をつれたお父さんとか年齢を重ねた方々が歩いておられるのである、ぜひマナーを守っていただきたいと思いながら登っていた。そしたら あんのじょう~ 私が850段付近を登っている時に下のあづまやから走って上がった人が走って下りてこられた、ちょうど左右の草が茂っているところだったのでどちらにも避けられずにいたら まったく速度をゆるめることなく 私の横を駆け下りて行かれた、私がよろけたら間違いなくアクシデントが起きたと思われる。その方には登山道、ハイク道に 登り優先というマナーがあることなど頭にないと思われる。
 使用目的は自由なのでそれについてとやかくいうことはできないが 危険を避けるためのマナーは守っていただきたいと思う次第である。
 私が下のあづまやまで下りてきて通りすがりに あづまやのベンチをみてみると栓を開けっ放しのスポーツドリンクとフルーツ飲料の紙パックなどがおかれていた。糖分の含まれる飲み物なので栓をあけていたら 蟻、あぶなどの小動物が入る可能性があると思う、暖かくなったので蟻、毛虫などが活発に歩き回っているので... また倒れたら甘い液がベンチにこぼれて付近を汚すためにますます蟻などが寄ってくる... ぜひ 栓だけでも閉めておいてほしいところである

201805125

 なお、無人のベンチに物を置いておくのも疑問に思う、このハイク道を管理している方とか誰かに持って行かれてもクレームの付けようが無いと思われるが...

いつもの小山(総社・福山)歩き、久し振りに青空の下を歩く

いつもの小山歩き、週課の中日として水曜を木曜に変えて歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/10 10:05ごろ)

 週課にしている小山歩きで、なか日としては水曜になるのだが今週は月曜が雨だったので一日ずつずれて 火曜、木曜、土曜と歩く予定にした。今日はその木曜の歩きである。天気も回復して今日は朝から青空が広がっており気温も低めで歩きやすい環境となった。

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、なおベンチは埋まっていた... いつもは2つの忠魂碑を含めて写真を撮っているのだが今日はたまたまそこに人が休んでおられたので左側の忠魂碑を撮った

201805101

 山頂西側のあづまや、今日は休憩されている方がおられたので遠くから佇まいだけ撮る

201805102

 山頂西側から清音、真備方面を望む、青空と濃い緑が目を楽しませてくれる。

201805103

 今日はモーニングショーで玉川総研があるのでは?とTVを見ていたら紫外線の話で終わってしまったので遅めの出発となった。いつもの常連さんとはすれ違わなかったが ウィークディに関わらず以外に多くの方が階段歩きをされていた。

いつもの小山歩き、雨上がりは遠くの景色が鮮やかに塗り替わるようです

いつもの小山歩き、週課の初日とすれば昨日の月曜に歩きたかったのだが あいにくの雨で歩けなかったので今日歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/8 09:35ごろ)

 昨日一日中降り続いた雨のおかげで空気が洗われ気温も一定の温度に落ち着いているためか 今日はやけに遠くが鮮明に見える。
 山頂東側から岡山方面を望むと 北長瀬のドーム体育館がいつもより近くにはっきりと見える...

201805081

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである。
 忠魂碑の横に咲いていたツツジが半分ほどに減ってしまっている、たった一日見なかっただけでこれだけ変化していたことに驚く... 雨のせいだろうか?...

201805082

 山頂西側のあづまや、今日は誰も休憩されていないのでひっそりと寂しく佇んでいる

201805083

 山頂西側から清音、真備方面を望む、こちら側も鮮明に見える

201805084

 今日はウィークディで雨上がりでもあるので 一昨日と比べると非常に歩く人が少ない。だが年齢を重ねた常連さんとは階段ですれ違った、いつものごとく私が登っている時は「おはようございます」、私がおりているときは「お疲れ様です、気を付けて」と言葉を交わしてすれ違った。お元気な姿をみると なぜかほっとします、赤の他人なのですが... 山は不思議で楽しいですね...

いつもの小山(総社・福山)歩き、GWの最終日で多くの方々が階段を登られていた

いつもの小山歩き、週課にしており本来月曜を初日にしているのだが今夜から雨の予報なので一日早めて歩くことにする、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/6 09:50ごろ)

 GWの最終日ということでいつもよりは多くの人々が福山に入られているようだった。階段を歩く方もいつもより多い...
 天気も今一で今日の夕方からは雨が降る予報だが 実際の雲行きをみていると気象予報士ではないが お昼ごろには時雨があると思われる。

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである。忠魂碑横のツツジ?だが 結構 花が長持ちしているなぁ~ 未だにきれいにさいている。

201805061

 山頂西側のあづまや、今日はご家族連れが休憩をされていたので遠くから撮る。山頂で家族みんなで食べる食事は美味しく思い出になるであろう...

201805062

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201805063

 山頂東側のベンチにいつもの常連さんが休憩されていたので「もう階段を往復されてきたのですか?」と訪ねたところ「歩いてきたよ」とのことで今日は残念ながら階段ではすれ違う事ができなかった。
 今日は多くの方が階段を歩かれていたが 私が階段を登っているときに下りてくる人 誰一人としてマナーを遵守してくれる方がいなかったのが残念である。まれにスピードをもって下りてくる人もおられたが そこのけ そこのけ状態で下りて行かれた...

いつもの小山(総社・福山)歩き、さすがにGWで階段を登る人も多い

いつもの小山歩き、私にとっては週課の土曜版なのだが 世はGW後半3日目で歩く人が多いなかを歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2018/5/5 09:35ごろ)

 昨日は寒気のせいで天気が悪く、寒くて風が強かったが今日は風があるが寒さは無く 歩くにはちょうどよい天気である。
 連休中とあって 今日は階段を歩く人が多かった。登るときは2パーティ、下っているときは5パーティほどの人々とすれ違った。単独の人、トレーニング?のような人、バテバテの人 (^^; 、パートナーetc いろいろな方が思い思いにこの約1200段の階段に挑戦されていた。

 福山山頂は以外に人が少なく 山頂東側のベンチにお一人の方が休憩をされているだけだった。

201805051

 山頂西側のあづまや、この時点では無人であった、私が下山中に多くの人が登ってこられていたので まもなくベンチも埋まったに違いない...

201805052

 山頂西側から清音、真備方面を望む、昨日の荒れた天気で空気がいれかったせいか見通しがよい...

201805053

 今日は年齢を重ねた常連さんともすれ違い、ひと言ことばをかわして別れた次第である。足取りが重そうだが 私が山頂から階段を下り始めて少ししたところで 折り返してきた登りの状態ですれ違うので、ゆっくりだが休まずに階段を登ってこられているのであろうと想像する。お互い いつまでもこの階段を歩いていたいものである。

より以前の記事一覧

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ