« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月に作成された記事

ともじいのおやじぎゃぐ、テレビの高解像度でぼろがでる?!

このごろのテレビは画面が大きくなり、かつ画素数(解像度)もあがってきたので 人の顔が画面にばんとでてくると いろいろ見えてくる... しわ ほうれいせん しみ...(^^;

 特に年齢を重ねてきた女性にとっては気になるところだろう、化粧、光の当て方等々...

 さらに ここにきて4Kという画素数(解像度)がさらにアップしているテレビが人気でもう多くの機種が市場に出ている...

 TVに写り出る女性は思うであろう 4Kで大型、高画質になる画面に対して なんて余計な(4Kな...)ことをしてくれるのであろう... と。

いつもの小山(総社・福山)歩き、秋の青空がきれいである

いつもの小山歩き、朝晩のりんと冷えてきた空気の中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/30 09:15ごろ)

 今週半ばあたりから朝晩の冷えが強くなり秋の装いが濃くなりだした今日この頃... 高い山への登山意欲が増してくる中 なぜか今日も週課の300m山頂を目指す... 石鎚、蒜山、剣山/じろうぎゅう、大山 抜群の天気... ええやろうなぁ~ 登りたい!

 空気が澄んでいるせいか遠くがよく見える、山頂東側から岡山、玉野方面を遠望する
 雲が秋の雲になってきた、青空もきれいである。

201709301

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、忠魂碑の上空に見える秋雲、青空もええなぁ~

201709302

 山頂西側のあづまや

201709303

 山頂西側から清音、真備方面を望む、彼方の山々と青空、いいなぁ~

201709304

 下山してきて靴を履き替えていると上空にジェット機が飛んでおりその飛行機雲が尾を長く携えていた。つまり 上空の天気は良くない、悪くなりつつあるということ、明日は曇るかもしれない。
 今日は年齢を重ねた常連さんとすれ違った、「足の調子はどうですか?」と訪ねたら 「平地では大丈夫だが山はまだ辛いところがある」とのこと、「無理されませんように」と声をかけて別れた次第である。 見知らぬ方々と山という媒体を通して話ができると言うこと 山はいいなぁ~

ともじいの何でやねん、我慢していたのだが政治ネタでひと言

与党の偉い方々が野党や新党の批判をしているが... (2017/9/29)
 そもそも そのネタは与党第一党の方が作ったのでは...
 野党から招集された臨時国会の冒頭で審議無く解散されたからではないでしょうか...
  (憲法解釈上は違反? 憲法53条後段 臨時国会では国会審議をする必要がある)

 政治に疎い爺さんが思うに、現与党連合は3分の2の議席をもっているので ほぼ思いのままに議決できるのに 数百億の税金を使って衆院総選挙を行う状況を作った...
 野党はがたがたの状態、新党は準備不足の状態なので苦肉の策で政権交代ができそうな野党を作ろうとされているが難しいと思われる、時間がなさ過ぎる。
 なので 政策が見えない、看板だけの政党が見え隠れしている... ばたばたしてしまっている... 一人がんばっても難しいのでは...

 与党第一党の語る解散の大儀が爺には理解できへん... 
 自らが2度も先延ばしした消費税増税、2年先の実施に向けて この時期に使い道の変更を国民に問う? 来年でも大丈夫なのでは?経済の状況は生き物といっているのは頭の良いみなさんなのでもっと期日が近づいてからの方が予算の適切な割り振りができるのでは? 使い道は少子化対策大臣がすでにおられるので そこでしっかり考えてもらい国会審議してもらえば十分では? わざわざ解散して国民に問う必要などないと思う。
 近隣諸国の防衛対応について国民に何を問う?先月 大見得を切って作られた仕事人内閣ですぐれた大臣が日本を守ってくれているはず、数年前に独断的方法で安保法案を通過させたのだから その法案にのっとって守ってくれれば問題はなく いまさら国民に対応を問う必要など無いと思うが... いつ何が起こるかわからない緊迫した状況なのだから わざわざ解散、総選挙して問うている暇などないと思うのだが... 選挙開票後 すぐに大国の大統領が来るといっているのに間に合うのかな~
 臨時国会で追及されるとまずいことでもあったのか? まずいことが無いのなら国民が疑問に思っていることに対して明快にわかりやすく説明されれば それで終わることだと思います。

久し振りのテニス壁打ち、午前中の涼しいうちに打つ

月に1~2度程度 テニスの壁打ちを行っているが 今日は朝の気温が低く一汗かくにはちょうど良いと判断して壁打ちを行ってきた。
  2017/9/29 10:00~11:00 真備運動公園 壁打ちコート(無料)

 7~8月はウィークディでも2~3人の方が打っていることが多かったが9月としては今月初めて今日行ったところ 誰もいなかった... 季節によってこれだけ違うようだ。

 年齢的に体力が落ちており 普段も週2~3度の小山歩き以外は運動をしないので 10分も打つと息が上がり汗が噴き出る。
 適度に休憩、水分補給をしながら約1時間 健康的な汗をかかせて頂いた...

高校同級生の定年退職を祝う

高校の同学年同教科の友人が46年 一つの会社だけで勤め上げ 今月末で目出度く定年退職をするということなのでプライベートな祝いを行った。
 今週から残っている有給を使って休んでおり借家アパートの片付けを始めているとのこと...

 神戸の新開地で15:30ごろに待ち合わせ、駅の地下街にある真っ昼間から飲める居酒屋で本人と私で祝杯をあげた。6月まではもう一人同級生がいたが 突然の病死で今回は二人で飲むことになってしまった。
 (2017/9/26 15:30 神戸 新開地 待ち合わせ
  この時間で空いている店 あぶり屋鈴ぎん ~17:00  17:00~ 地下街向かいの こだわりや 海鮮丸 で飲み直し... 当初ここで飲む予定だったが15時から17時まで準備中だった ~18:30)

 10月一杯まで甲子園口のアパートで片付けと各種手続き、趣味(和歌山まで移動して船で沖に出る本格的な釣り)に専念した後 姫路の実家に戻るとのこと。姫路にもどったら また姫路で引越祝いをする事にしている...(^^;

(姫路のお城の裏手にある工業高校 電気科 昭和47年3月卒業、47年4月謀コンピュータ会社に我々共々入社、彼はその会社一筋46年勤め上げ 1年前倒し定年退職 平成29年9月末 厚生年金だけで悠々自適の生活が待っている うらやましい...(^^;) 

いつもの小山(総社・福山)歩き、階段破損690段付近

いつもの小山歩き、昨日までの秋晴れから一転曇りから雨の予報の中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/27 09:05ごろ)

 一昨日には無かった階段の破損があった、690段付近で枕木が外されて無残な状態になっていた

201709276 上段から眺める、破損前は中央の左右部分に枕木があったが それが無くなり左側に投げ出されている

201709277 画像上部が枕木が無くなり土だけになっている階段、右側に枕木が投げ出されている

 以前に破損していた120段付近の階段の様子、とりあえず仮修復されている

201709278

 今日は天気が下り坂で山頂からの見通しは今ひとつ...
 山頂東側からの様子

201709271

 山頂東側のベンチ付近

201709272

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201709273

 山頂西側のあづまや

201709274

 山頂西側から清音、真備方面を望む、もやっているので遠くの山々が見えない

201709275

 今日は下山中に多くの人とすれ違った、水曜は以外と歩く人が多いようだ、しかし残念ながら常連さんとはすれ違う事はなかった、以前から比べると20~30分ほど歩き始める時間が早いのでそうせいかな~  ただ、ハイク、登山のマナーを知らずか 守ってくれない方々には閉口する。

定期点検メモ(2.5年目 2017/9/25)

定期点検(2.5年目)メモ(2017/9/25 PM 3:00)

 ・エンジンオイル交換
   エンジンオイルはトタル。
   前回のオイル交換(2017/6)から3ヶ月で4598km走っていたので
   これから来年3月の車検までに九州へ2~3往復ありえるので
   交換する、エレメントは車検までがまん...
   (真夏に倉敷~佐賀 往復3回etc走ったので交換)

  今回ODD 34,007Km   (前回ODD 29,409Km  2017/6)  走行距離 約4598Km

 ・半年の定期点検パック 全項目異常なし
 ・今回はバッテリーについて言及が無く もうこの人に言っても交換しないだろうと
  あきらめられているのかも...
 ・気になる点として 前回の点検時から比べると直進性が少し弱くなった、
  アイサイトの誤認(晴天時高架下をくぐったときなどに前方注意警報がなることが
  新車納車時からこれまでに2~3回あり、アイサイトのシステム診断を通してもらったが
  すべて正常とのこと。
  緊急停止動作にて前方左折車がほぼ曲がりきったと思って進むと前方車両有りで
  がっがっがっと自動ブレーキが働く(まぁ 前車がしっかりと曲がりきるまで待って
  おけば問題は無いのだがこれまでの癖で車を進めてしまうので...)

  インプレッサ スポーツ2.0i 4WD アイサイトVer3

いつもの小山(総社・福山)歩き、秋の気候を満喫して歩く

いつもの小山歩き、週の初め ひんやりとした気温の中を歩き始めたがやっぱり暑い中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/25 09:05ごろ)

 先週一週間は九州に移動していたため土曜から小山歩き復活、無理なペースにならないよう土曜は少々ペースを落として歩いたが今日もゆっくりめで歩くことにする。登りで22分強で歩いたので息、足がきつくなることはなかったが やっぱり暑い...でもほほをよぎる空気はひんやりとしている...
 850段をすぎて階段のまわりの木々が無くなり開放感で出てくるあたりから額、腕などから汗が流れ始める、山頂に着く頃には顔から地面にぽたりぽたりと汗が落ちる。

 今日は空気の水蒸気が多いのか遠方が霧のようなものでみえない、岡山もほとんど見えず中庄あたりも見えにくい状況だった

201709251

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、でも青空は澄んでいる

201709252

 山頂西側のあづまや

201709253

 山頂西側から清音、真備方面を望む、こちら側も遠くが見えない、真備のクリーンセンターまでかな?

201709254

 今日は時間が早かったせいか いつもの常連さん達とはすれ違わず...
 スズメバチも早朝は活動が少ないようで ぶ~んという飛ぶ音もほとんど聞くことなく下山してきた。

彼岸花2017 (矢掛 美川にて)

吉備路の近くに越してきてから時々訪れている彼岸花の名所 矢掛の美川を行く...
美川コミュニティーハウスに駐車場有り

2017092323

 花びらに露が輝く

2017092317

 秋の味覚

2017092321

2017092316


 水車と彼岸花

2017092320

 蝶が舞う

2017092311 2017092314 2017092313

2017092312_2




2017092318

2017092322

いつもの小山歩き、階段破損&久しぶりに常連さんとすれ違った...

いつもの小山歩き、今週の月、水は九州に移動していたため歩けず久しぶりの歩きとなった、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/23 09:15ごろ)

 昨日までの雨も止み 薄曇りで気温がやや低い中、今週として初めての小山歩きを行った。月曜から金曜まで九州にいたので いきなりハイペースの歩きは控えて 息が切れない程度のペースでゆっくりと階段を山頂まで登った。それでも22分強で歩けたので 自分ではハイペースを思っている20~21分のペースから比べるとたったの1~2分の差しかなく このわずかな差でも体に対する疲労度はかなりあると感じた。

 さて、今年は雨が多く、降るときにはどっと降るので階段の損傷が目につき始めた。今日は150段あたりで以前にも損傷していたと思われるところだが やはり損傷が目につく

201709235 杭が緩くなり 枕木がずれて 土との間に隙間ができてしまっている

 120段あたりから上方をみあげると痛んでいる部分がぽつ ぽつと目につく

201709236

 山頂東側から岡山・玉野方面をみると 今日はもやっている。遠方の山の頂上に雲がかかっている姿が ちょうど火山の噴火の煙のように見える(あたかも佐賀から望む雲仙のように...)

201709231

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201709232

 山頂西側のあづまや

201709233

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201709234

 いつものごとく速歩で階段を下りていたら えっちら おっちら と下りていく人とすれ違ったので すれ違い様に振り向くと いつもの高齢と思われる常連さんだった、
 私:「お久しぶりです」
 常連さん:「いや~ 足をねんざしたので3週間ほど休んでいました」
 私:「裏銀座をあるいてこられたのですか?」
 常連さん:「黒部五郎岳でねんざをしたのでたいへんでした」
   :
   :
 私:「じゃ 無理されませんように 気を付けて...」 ということで私は先に小走りに下りてきた次第である。しばらく見ない日が続いたのでどうしたのかな?と思っていたら やはりアクシデントがあったようだった...

九州(佐賀)帰省メモ(2017/9/18~22)

九州(佐賀)帰省メモ(2017/9/18(月)・敬老の日~9/22(金))

 往路: 2017/9/18(月・敬老の日) 倉敷 08:35 玉島IC 08:52  11:20(美東SA 昼食・トイレ)12:00
     13:45(金立SA 休憩)13:55   13:59 佐賀大和IC   14:15 佐賀
    (高速道 休日割引あり 3割引  7000円)

     倉敷発      -----(燃料は9/15入れ・台風18号対策 32649)
         (481.0km    14.4km/L)
     佐賀着      33130

      ガソリン 9/20 532.5.1Km (33182km  13.3km/L)

      ガソリン 9/22 98.2Km (33286km  9.5km/L 超ちょいのり、エアコン常時オン)

 復路: 2017/9/22(金) 10:00 佐賀 10:33 佐賀大和IC 13:00 雨(下松SA 昼食)雨 13:35
     雨- 15:35 玉島IC - 16:00 倉敷

 佐賀発      33286
     (466.0km     15.4km/L)
 倉敷着      33752

      (総走行距離: 1090.5km  ODO 33752km )

 *佐賀コスモはガソリンが安い(@127)ちなみに倉敷の家の近くのコスモ(@132)

 往路は祭日で道路工事なし、大きな渋滞、混雑が無くスムースに走行できた。
 復路は平日だったが雨で道路工事が数カ所であった。九州内は車が多くスローペース
 関門橋を渡ってからは本降りで時々混雑があった...
 ・高速道を走った所感
  >相変わらず 追い越しを完了しても追い越し車線を走り続ける車が多い、
  >追い越し車線に出てから追い越し時の速度が比較的遅いので
    追い越し完了までに時間をかけすぎる
  >トンネル内を無灯火で走る車が多い(黒っぽい車の無灯火は非常に危険です)

 宿の駐車場から出るときにフロントバンパー右下コーナーを少しこする
 がっくし... そろそろ高齢者ドライバーの仲間入りか...(-_-)

・健康住宅(見守り、ディサービス) 室内整理
・実家整理
・佐賀医大病院~難病指定更新

------------------------------------------------

いつもの小山(総社・福山)歩き、台風は... 

いつもの小山歩き、台風が通過する予報のため一昨日にいつもの周期を縮めて歩いたが 今朝は薄日が差す状況なので急いで歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/17 09:10ごろ)

 予報では今朝から台風の雨が降っているはずだったが 現実は雲が厚いながらも薄日が差す天気、これなら歩けると 念のためネットで雨雲の様子をチェックして1~2時間なら大丈夫そうだったので急いで準備をして歩いてきた。

 山頂東側から見る岡山方面、このところ湿度が低いのか風で雲がとばされているのかわからないが遠くがよく見える

201709171 岡山市街、北長瀬方面

201709172 玉野方面、雲は黒く厚い

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201709173

 山頂西側のあづまやと左側遠方に清音方面がのぞける

201709174

 山頂西側から清音、真備方面を望む、こちら側も雲は黒く厚く速く流れていく

201709175

 こんな天気でも階段jを歩く人は以外と多い、みんさん 天気が崩れていなかったので歩きに出てこられたようだった。私があるいているころは雨が落ちることもなく風も無い状況だった。さて台風18号はどのような動きを見せるのか... 明日から九州に移動するので早く通り過ぎてほしいところだ...

いつもの小山(総社・福山)歩き、台風が来る前に歩く

いつもの小山歩き、週課としては明日(土曜)の予定なのだが台風の雨が降りそうなので今日歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/15 09:15ごろ)

 今朝はJアラートが表示されミサイルが飛ぶし台風が徐々に近づいて来ている中、雨が降る前に歩くこととする。
 以外に気温が低く歩きよく、まだ風も弱いのでコンディションとしては良かった。
 湿度も低く山頂からの見通しもよかった。
 山頂東側から左右ワイドに撮ってみた、左側は岡山方面、北長瀬のドーム体育館もよく見える、右側に玉野方面が見える(画像をクリックして拡大表示する)

201709151

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201709152

 山頂西側のあづまや、時計の奥に「スズメバチ注意」の札あり

201709153

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201709154

 登山口、階段になる前の歩道端にゆり?がきれいに咲いている

201709155


201709156

いつもの小山(総社・福山)歩き、階段の破損あり、ペットはだめだろう?!

いつもの小山歩き、空気は秋を感じるがやっぱり暑い中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/13 09:25ごろ)

 ほほをよぎる風は秋を感じるが 気温は29℃(車の外気温度)で歩き始めるとすぐに汗がにじむ、山頂に着く頃には いつものどおり頬、顔、腕から地面にぽたぽたと汗が落ちる。

 階段の130段あたり、120段付近の横断歩道から少し登ったあたりで枕木の腐食が進んだところを 誰かが踏み込んでばりっとおれたようだ

201709137

 あと、ペットを連れて登ってくる方にすれ違った... 基本的に 登山道、ハイク道はペット禁止のはずである(特に同行可能の注意書きが無い限り)。さらに このハイク道は個人の敷地(階段120段付近に立て看板有り)のはずで よけいにペットの扱いには注意が必要と思う...

201709136 (画像は個人を非難するものでなく現状を理解して頂くためのものです)

今日は夕方から外出の予定があるので登るペースを意識的におさえて歩いてみたところ 疲労度がかなり違った。山頂についてもはぁ はぁ と息が切れることもなかったので登りの時間をチェックすると22分、いつもの頑張りで登ったときは20~21分なので たった1分の差でこれほどの疲労度に差が出るとは...

 空気がすんでいるせいか遠方がよく見える、山頂東側から玉野方面を望む

201709131 右上に偶然 蜂かあぶのようなものが写る、決してUFOではありません...(^^;

 山頂東側のベンチは誰もいない状況で とても静かな気持ちの良い雰囲気であった

201709132

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201709133

 山頂西側のあづまや、今日も休んでいる方がおられたので遠方から撮る

201709134

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201709135

 どうも最近、常連さんとすれ違わない... どうしたのだろうか... 自分とは逆の方向で出会う方、同じところに車を駐めて歩く方等 数名の方がおられるはずだが姿を見ない、歩いている時間がちがうのだろうか、ちょいと気になる次第である。

いつもの小山(総社・福山)歩き、蒸し暑い空気が戻ってきた中を歩く

いつもの小山歩き、復活した夏の空気の中、週初めの歩きを行う、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/11 09:10ごろ)

 先週は秋の空気が入ってきていたが昨日から夏の蒸し暑い空気に戻ったようで、車を駐めて登山靴に履き替えていることから汗がにじむ。階段を歩き始めたら すぐに汗がでるわ出るわ... 真夏の時と同様、山頂に着く頃には額、腕から汗が地面にしたたり落ちる...
 空気中に水蒸気が多いせいか遠景がもやっている、今日も山頂東側から中庄、玉野方面を望む、麓に川崎医大関連の建物が見え遠くには玉野あたりの海、山々が見える

201709111

 福山山頂はいつものごとく広く静かである。曇っているので少々暗い...

201709112

 山頂西側のあづまや、今日は団体さんが休憩されていたので遠くから撮る

201709113

 山頂西側から清音、真備方面を望む、空気中の水分が多いせいか遠くがもやっている

201709114

 先週から「スズメバチ注意」の札がとあづまやなどに掲げられているので 小山歩きは午前中の早い時間が比較的安全と思われる。今のところ階段を歩いている最中にスズメバチにはち合わせしたことはない。アブ、小さな蜂などはいつも通りに遭遇しているが...

いつもの小山(総社・福山)歩き、幾分秋らしくなった中を歩く

いつもの小山歩き、晩夏の空気から秋の空気に入れ替わった週末の歩きを行う、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/9 09:15ごろ)

 一昨日頃から秋雨前線が南下して秋の空気が入ってきたのでからっとした空気と早々ひんやりした朝の空の中を歩く。でもお日様が出ているので少し歩き始めたら汗が出始め 山頂に着く頃にはいつも通りの汗だく、額から地面に汗が落ちる...
 今日は階段を歩く人もいつも通りの賑わいだった、単独、ペア等4~5パーティとすれ違った。午前の早いうちに歩けばスズメバチはちあわせする可能性は低いようだ。

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、でも山頂東側のベンチは埋まっていた...

201709091

 山頂西側のあづまや、今日は休んでいる方がおられたので遠くから撮る

201709092

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201709093

 このところ、歳を重ねられた常連さんと会わないので どうされているのか気に掛かる、以前すれ違ったときの立ち話で北アルプスの裏銀座方面を歩くプランをお持ちだったので遠征されているのかもしれない...

兄弟の集い in 2017... 7年ぶりか?

 しばらく行われていなかった兄弟の集いを行った。(2017/8/31~9/1)
 5人兄弟の末っ子が私なので一番上の兄とは13才違い、70代~60代で老人会の集いといったほうがよいかも...(^^;
 私以外は関西(西播)に住んでおり お互いの居住地の中間地点ということで牛窓の民宿が合流、歓談の場となった。

 実家には彼岸、またはお盆に帰っているし 他の兄弟ともときおり顔をあわせることもあるが みんなが泊まり込みでゆっくり酒を酌み交わしながら話すことはあまりないため わきあいあいと楽しい場になった次第である。
 年齢的に連れ合いを無くしている兄弟もあり また、みんな いつどうなるかわからないので 今後も機会がある毎に老々の集いを行いたいと思う、集まれるということは元気だということなので...

(牛窓 せとの華)

いつもの小山(総社・福山)歩き、だれも歩いていない!?原因はこれか?

いつもの小山歩き、雨上がりの週中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/6 09:05ごろ)

 昨夜夜半まで雨音が聞こえていたが朝には止んでいたので 週課の小山歩きを実行する。
 いつもより20分ほど早い行動時間だったが駐車エリアには全く車が止まっていない、下山して帰るときもまったく駐まっていなかった。
 こんなことは珍しいのだが... そして階段を登り始めるとこんな看板が...

201709067

 階段10段目のあづまや、山頂のあづまやにも同様の看板が掲げられていた

201709064

 階段の登り、下りで誰一人ともすれちがわなかったので 天気のせいもあると思うが もしかするとこの「スズメバチ」が原因かもしれない。今朝は蜂と はち合わせすることはなかったが...
 ということで、一人貸し切りの福山歩きとなった。朝まで雨が降っていたので気温は低めだったが蒸し暑い、なので山頂に着く頃には額から汗がしたたり落ち汗だくになった。

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである、雨上がりでガスっているため遠くはまったく何も見えない

201709061 201709063

 山頂西側のあづまや

201709065

 山頂西側から清音、真備方面を望む、ガスでほとんど何も見えない

201709066

 あまりに人がいなかったので面食らってしまった、天気のせいか、時間が早かったせいか、スズメバチのせいかよくわからないが とても静かな小山歩きができた次第である...

趣味と語らいのホームページ

「ともさんの趣味と語らいの部屋」(ホームページ)のコメントはここで...
 (このページの下方でコメントを書き込めます)

いつもの小山歩き、気温は低くなったがやっぱり暑い

いつもの小山歩き、朝晩はしのぎやすくなったなか週初めの歩きを行う、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/4 09:15ごろ)

 朝晩は25℃をきり だいぶ過ごしやすくなったが階段歩きはやっぱり汗だくになる、暑い。
 このところ日中は強風の吹くことがあったが今日は風が無く直射日光こそなかったが階段の850段を過ぎる頃から額、顔、腕から汗が流れ落ち始める。
 今日は階段を登る方が普段よりは多く、前方に見える人に追いつけるかなぁと思いつつ足を進めたが階段の登りにおいては なかなか追いつかない...
 山頂から遠方を望むと 風が無いか弱いせいか山肌にガスがかかっている部分をみることができる

201709041 山頂東側から岡山方面を望む
201709042 山頂東側から中庄方面を望む

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである。

201709043

 山頂西側のあづまや

201709044

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201709045

 このところ、階段を登り始める時間が以前より20分ほど早いせいか 常連さんとすれ違う事が少なくなっている、もしかしたら以前にすれ違ったとき8月末頃に北アルプスの裏銀座方面に行く予定があるといわれていたので 登山にいかれているのかもしれない。

いつもの小山(総社・福山)歩き、すかっとした空気感だが暑い

いつもの小山歩き、朝晩の涼しさが出てきたが汗の量は変わらない歩きの休日版、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/9/2 09:25ごろ)

 からっとした空気で気温も少し秋の気配を感じることができる程度に下がってきたが 歩き始めると まだまだ汗が出る、いつもと変わらぬ量に汗が頭、額、顔を流れる。
 今日は水蒸気が少ないせいか山頂からの展望が利く、北長瀬の岡山ドーム、中庄のマスカットスタジアムもよくわかる

201709021

201709022

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201709023

 山頂西側のあづまやを撮りたかったのだが人がおられたので遠くから撮る

201709024

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201709025

 今日は天気が良く気温も少し低いせいか多くの方が階段を上り下りされておられた。しかし下りの方で スティック(最近流行の杖)を前方にふりながら早足で下りてくる方があり 慢心の力を振り絞りながら登っていく人から見ると危険で仕方がなかった、すれちがうときに徐行または止まって避けて頂けるならまだしも まったく速度を落とすことなく下りていかれたかたがあった、残念である。登り優先という登山、ハイクのマナーの欠如している現状に危機感を覚える。健康ブームで山歩きをされることは大いに歓迎するが 健脚であればあるほど他の登山者、ハイカーに気を配って頂きたいtころである。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ