« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月に作成された記事

いつもの小山(総社・福山)歩き、梅雨空のもと雨を避けて歩く

いつもの小山歩き、夜半の雷雨がおさまり小雨になった中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/30 10:25ごろ)

 昨夜から早朝まで梅雨前線が北上したことによる大雨、雷雨となっていたが その後小康状態になってきたのでネットで雨雲の状況を確認してタイミングをはかり歩くことにする。
 階段は大量の水が流れた跡があり、枕木もたっぷり水を含んで滑りやすくなっている。
 歩き始めると小雨が降ってきたが強くなったり長く続くことはなく降ったり止んだりの繰り返しの中を歩いた。

 山頂東側のベンチ付近

201706301

 福山山頂は小雨の中でガスっていた

201706302

 山頂西側のあづまや、こんな天気なので誰もいないひっそりとしたあづまや、いつもとは違う角度から撮る

201706303

 山頂西側から清音方面を望んでもガスって何も見えず...

201706304

 今日は歩き始めの時間が遅くなったのと あいにくの天気で2~3名の方とすれ違っただけだった。逆な言い方をすれば 大雨の後でも数人と方とすれ違う事がある それほど多くの方に慕われている山がこの福山である。 

いつもの小山(総社・福山)歩き、雨上がりでとても静かだった

いつもの小山歩き、梅雨の雨が途切れたので その隙間をぬって歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/28 09:40ごろ)

 雨が上がった直後だったせいか いつもの駐車している場所には車が一台も止まっていない、これは静かな歩きができる と密かに思いながら歩き始める。
 150~450段あたりは木々がうっそうと茂っているところなので葉に貯まっているしずくの落ちる音を聞きながら歩く、ぱら ぱら とあちこちから聞こえる。450段を越えると少し空が開けてくる。気温は低めだが湿度が高いせいか 850段を越えて階段の回りの低木が無くなってくると汗がどんどんでてくる、山頂に着く頃には天気が良いときと同じくらい汗をかいてしまった...

 山頂は誰もいないのでひっそりとしてとても静かだった。ガスっているので少々暗い...

201706282

201706281

 山頂西側のあづまや

201706283

 山頂西側から清音あたりを望んでいるが霧で何も見えない

201706284

 登っている時にはだれともすれ違わず、下っているときに常連さん2組とすれ違った。直前まで雨がふっていたので こんな時間に登るのは常連さんだけである。

友が逝く...

高校時代からの友人が旅だった。(2017/6/25) 48年来の友である...
 昨日(2017/6/27)、告別式に参列するため神戸に出向く。
 穏やかな顔をして眠っていた、これが一番である... 家族、近い人々から信頼され慕われていたに違いない...
 仕事にも人つきあいにもまじめな人間だった、なのに早く逝ってしまった...

 持病があったが 子供達も独立して、奥さんとの二人暮らしが板につき始めた矢先だったのに、無念であったろう...
 年に一度は高校のミニ同窓会と称して同級生と飲み会を開いていたのに... 一週間前にもメールで そろそろミニ同窓会を開こうかと連絡しあっていたのに...
 どの夏が初盆になるのだろうか、今年それとも来年か?節目にはビールでも持って話に行くから...

 合掌...

いつもの小山(総社・福山)歩き、山頂ですいかを食す...

いつもの小山歩き、梅雨らしくなった空の元を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/26 09:45ごろ)

 今日は曇りで蒸し暑く いかにも梅雨らしいなかを歩く...
 昨日の夕食時にとてもおいしいスイカがでてきたので 思わず、明日の小山歩きのときに山頂で食べてみたい といってみたら家族が準備してくれた... どっと汗をかいた後のみずみずしいスイカが五臓六腑にしみわたる...

201706264

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201706261

 山頂西側のあづまや、今日は休憩している人がおられたので遠景を撮る

201706262

 山頂西側から清音、真備方面をのぞむ、(水を張った)水田が多く見られるようになった...

201706263

 今日も年齢を重ねた常連さんとすれ違った、今回もリュックをかついで歩いておられるのできっと6kgの重りが入っていると思われる...

いつもの小山(総社・福山)歩き、蒸し暑さを我慢して歩く

いつもの小山歩き、前回(6/21)は雨上がり決死隊の状況で歩いたが今日は蒸し暑い中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/24 09:35ごろ)

 梅雨入り後 ほとんどが梅雨の中休み状態で天気のよい日が多かったが今日の夜からはしばらく梅雨空になる予報で そのせいか今日は蒸し暑く薄曇りで 850段を越えたあたりから額の汗がぽたぽたと地面に落ちる...
 なんとか頑張って山頂に着く、水分補給と山頂からの証拠写真を撮ると 直ぐに下山開始。
 今日はリュックを担いだ男性単独の方 数組とすれ違った、また トレラン?と思われる方々も練習がてら登ってこられた... 今日は階段が大賑わいだった。

 階段で多くの方にすれ違ったわりには山頂は閑散としていた。山頂東側のベンチは無人状態...

201706241

 福山山頂は広く明るく静かである

201706242

 山頂西側のあづまや

201706243

 山頂西側から清音、真備方面を望む、今日は空気中に水分が多いせいかあまり遠望が利かない

201706244

 今日も年齢を重ねた常連さんとすれ違った、このところ必ずリュックをしょっている。私が下りで常連さんが登りの時にひと言二言しゃべった...「今日もリュックは6Kgの重りをいれているのですか?」 いれているとの返事、「無理されませんように、気を付けて」と声をかけて別れた。毎日歩いておられる方なので 敬服である...

 ところで 小林真央さんが一昨日なくなられた。きりっとした でも とてもきれな顔立ちで聡明な感じの方であった。合唱...

いつもの小山(総社・福山)歩き、小雨の中 マイナスイオンと滴の音に癒される

いつもの小山歩き、週半ば 雨上がりを狙って歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/21 09:45ごろ)

 昨夜から梅雨らしい天気になり夜半には強風が吹き荒れていたが朝には雨も小降りになり なんとか歩けそうな雰囲気になってきた。そこで いつものネットによる雨雲の状態をチェックすると 小さな雨雲が点在している程度で西側はまったく雨雲は無し ということで手短に準備して家を出る。
 歴史広場に着く頃はフロントガラスに小さい点々がつく程度の小雨、私にとって 好みの天気なのでいつも通りTシャツ1枚の格好で出発... 小雨が降る中を歩くと 階段の両サイドにある笹原を雨粒が打つ音、木立から落ちてくるしずくが笹原を打つ音が さら さら と とても気持ちの良い音になり心を癒してくれる、また水蒸気が一杯の森林浴、マイナスイオンの中を歩くので気分も穏やかになる、私のこの静かな雰囲気が大好きで 小雨の中の階段歩きは捨てがたいのである... 天気は予想通り、登り850段あたりにくると雨も上がってしまった、山頂から下り始めると うっすらと影ができるくらい薄日がさしてきた、暑くなってきた、せっかく今日は水冷で歩ける思ったのに...

 歴史広場前にある駐車禁止看板が倒れている?! 昨夜の強風のせいかな? ともかく正常な状態に立てておく。

201706215 201706216

 福山山頂、東側のベンチには誰もいない...

201706211

 福山山頂は広く、静かで 今日はがすっており少々暗い。

201706212

 山頂西側のあづまや、いつもならあづまや越しに清音の「村」並み見えるのだが 今日は真っ白...

201706213

 山頂西側から清音、真備方面を望んでいるのだが 今日は霧で真っ白...

201706214

 こんな雨の日に歩く人はさすがに少ない、でもいる、そう常連さんである。いつもすれ違う年齢を重ねた方、今日もリュックを背負っている、私が登っているときに下ってこられ、私が下っているときに登ってこられるので 私が下っているときに二言三言話すことにしている...リュックについて「今日も重りを担いでいるのですか?」ときくと「息を切らしながら「はい」という返事、すごいなぁ~、いつものごとく「気を付けて」とひと言付け加えて別かれる。ほとんどくだったところで別の常連さんともすれちがった。日課にされている常連さんには頭が上がらない次第である。

車の点検メモ(2017/6/19) エンジンオイル交換

 ・エンジンオイル交換
   前回のオイル交換(2017/2)から約4ヶ月で5000km以上、高速道を走っていたので
   なるべく早めにということで交換した。今回は またトタルを入れた。
   (倉敷~佐賀 往復3回と倉敷~浜松往復、出雲往復)

  今回ODD 29,409Km   (前回ODD 23,918Km  2017/2)  走行距離 5,491Km

  インプレッサ スポーツ2.0i 4WD アイサイトVer3 (2015/3~)

DTM、キーボードを変更 VR-09 から JUNO-DS61 に...

DTM、おやじバンドのイベントで使用するシンセサイザーキーボードを変更した(2017/6/19)

 DTMのMIDI入力キーボード、MIDI音源の用途と老人のぼけ防止のちょい弾き鍵盤として所有していた VR-09 を JUNO-DS61 に変更した。
 VR-09の購入検討時に まだJUNO-DSが発売されておらず しかたなくVR-09を購入したのだが 以下の理由で今般JUNO-DSに変更した。
 ・手軽にボコーダサウンドを使うことがでる
 ・32bit 44.1KのオーディオI/Fとして使用できる、PCからオーディオ出力しながら
  JUNO-DSの鍵盤で演奏できる
 ・16パートのMIDI音源として使用できる、PCからMIDI出力してパート演奏しながら
  JUNO-DSの鍵盤で演奏できる

201706195 201706196

 PCのDAW(Ability2.0 Pro)からオーディオI/F、MIDI音源として使用できるようにするため メーカーのサイトからJUNO-DSのWindows7用デバイスドラーバをDownLoadしてきてインストールする
 Windowsのデバイスマネージャでサウンド項目にJUNO-DSが追加されているか確認

Junods_devmnger

 DAWのMIDI設定でJUNO-DSが参照できること

Ability_midiport

  DAWのオーディオ設定でJUNO-DSが参照できること

Ability_audioport

 DAWからJUNO-DSのMIDIポート、Audioポートを使った演奏を行うことができることを確認した

 キーボードとしての音は JUNO-DSよりVR-09の方がよい音がすると感じた。(価格が高いだけある)
 まぁDTMで音を追求するなら DAWとVST音源でならせばよいわけで イベントでボコーダを使いながらPCの演奏データをMIDI/オーディオI/Fを使って1つの楽器から演奏音を出せるメリットは大きい...

(倉敷ショッピングモール内の楽器店にて VR-09下取り、JUNO-DS購入)

いつもの小山(総社・福山)歩き、汗だくで登る

いつもの小山歩き、好天のウィークディの歩きを楽しむ、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/19 09:20ごろ)

 このところ晴天続きで暑い日が続いている中、前回から一日おいて歩くことになる。風があまりなく直射日光を浴びながらあるくと ともかく暑い、山頂付近になると息も切れ 顔を伝う汗が地面に落ちていく...
 今日は空気中の水分が一昨日より多いせいか山頂東側から岡山方面を望むと若干霞んで見える。

201706191

 総社の福山山頂は広く明るく静かである、今日は東側のベンチ付近に誰もいないため少々寂しい感じがする

201706192

 山頂西側のあづまや、こちらの休憩所にはお一人休まれていたので遠くから撮る

201706193

 山頂西側から清音、真備方面を望む、こちら側は青空が気持ちよく広がっておりすっきりとした風景を楽しめる

201706194

 登っていると まれにすれ違うペアがおられる、この方達はいつも まったく避ける意志がないようで 足踏みの速さも落とすことなく突進?してこられる、こちらは接触寸前に右に避けるのだが なんとしたものか... 登山のマナーを知らないとしても 直前に人がいれば何らかの回避動作をとる素振りが見えると思うのだがなぁ~ 残念である。

いつもの小山(総社・福山)歩き、階段の破損状況 2カ所

いつもの小山歩き、完璧な空梅雨のもと 汗だくで歩く、総社・福山の階段直登...(2017/6/17 09:35ごろ)

 からっとした天気で朝からかんかん照り、青空の下 暑い中を歩く...
 3日前に歩いたときには壊れていなかった階段が破損していた。無残にも枕木が横に放り出されている姿は なんとも悲しい...

 1.700~800段の間

201706176 上から見おろす、赤で囲んだところが本来の枕木の位置

201706177 下から見上げた画像

 2.300~400段の間(以前から両方の杭が壊れていた)

201706178 上から見おろす、赤で囲んだところが本来の枕木の位置

201706179_2 下から見上げる、赤い栓の部分が本来の枕木の位置

 今日は遠望が利く、山頂東側から岡山方面を望む

201706171

 山頂の忠魂碑の間にお月さんが小さいけれども望める...
(画像をクリックして本来の大きさに表示して見る、赤の矢印の先にお月様)

201706172


 福山山頂はいつものごとく広く、明るく静かである...

201706173

 山頂西側のあづまや

201706174

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201706175

 いつもの年齢を重ねた常連さんとすれ違ったとき、(このところ)リュックをしょっているので その訳を聞いてみたら「6Kgの重りを入れている」とのこと、6Kgは重い!すごい! おもわず「無理されませんように、気を付けて」と返答をしておいた。無理をして膝、腰を悪くされたら元も子もないので... それにしても高齢で挑戦し続けておられる姿に敬服する次第である...

またも強行採決?

2年前の安保法案に続き またもや「横暴」な方法で「共謀」罪法案で強行採決...
 こんな決め方で大丈夫かな? 国際組織犯罪防止条約は現行のままでも締結できるという話を聞いたことがあるので こんなに急いで共謀罪法案を通す必要はなかったのでは?と 政治に疎いじいじが思う今日この頃である...

 少なくとも我が家族で共謀罪法案の中身を少しでもわかっているのは私だけである、すべての国民がわかっているほど協議がつくされたとは思えないのだが... 
 かたよった与党の議席数だけで法案が決まっていく世の中がいつまで続くのかな~...
 国会議事堂で議決しているTV中継をみていると、国会議員さんたちがやじることをプログラミングされたたったり座ったりするロボットのようです...

 学園問題の「怪文書」...
 内閣人事局、これが内閣官房にあるからには各行政機関の長は誰も内閣府に逆らわず、忖度すると思います。自分の身をすてて告発する、意見することはほとんどの人がやらないと思います。みなさん国民のためよりも自分の身がだいじでしょうから...

我が家に届いたウイルスメール...

本日 我が家にも例外に漏れず今話題のウイルスメールが届いた...(2017/6/14 16:20ごろ)
 さっそく ネットでメールの内容を検索したところ
 日本サイバー犯罪対策センターにて公開されているウイルスメール情報と
 一致するものであることがわかった

 日本サイバー犯罪対策センター
 https://www.jc3.or.jp/topics/virusmail.html

 インターネットバンキングマルウエア(Gozi等)

 以下が届いたメールの内容、添付ファイルを開くことなく削除した...

Uirusu20170614

いつもの小山(総社・福山)歩き、からっと涼しい中、汗だくで登る

いつものいつもの小山(総社・福山)歩き、ウィークディで今週は月曜に続き水曜も歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/14 09:20ごろ)

201706144 山頂西側のあづまやの周りにある木々も緑が美しい...

 からっとして良い天気のなかを歩く、緑の色も濃く、ほほをぬける風は涼しく汗だくの体を適度に冷やしてくれる。この階段は850段あたりで木陰から炎天下に変わる、ということで850段を越えるころから どんどん汗が噴き出す、額からの汗が時には地面にまで落ちる、6月でこれだから7月、8月になるともっとたいへんになるだろう...

 福山山頂は今日はひっそりとしているが いつものごとく明るく広く静かである

201706141
201706142

 山頂西側のあづまや、今日は休憩をされている人がいないのでしっかりと撮る

201706143

 山頂西側から清音、真備方面を望む、だいぶ田んぼに水が張られてきたようだ...

201706145

 いつもの歳をとられた常連さんと登り、下りですれ違う、今日はリュックをしょっておられたので「重り」をいれてあるかれているのだろう、いつもはペットボトルを持っているだけなので...
 空一面に青空が広がり とても気持ちの良い階段歩きであった...
 

いつもの小山(総社・福山)歩き、爽やかな風の中を歩く

いつもの小山(総社・福山)歩き、一昨日に続いて時間がとれたので歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/12 09:35ごろ)

 先日梅雨入りしたが初日だけ雨が降り、その後は晴天続きの毎日... 日中は太陽に照りつけられると暑いが朝はひんやりと過ごしやすい気温になる。
 ということで階段の登りも暑いのだが 風がひんやりとするので苦しいながらもがんばれる、その甲斐あってこのところ登りは20分くらいで山頂に着くようになった。
 今日は空気も乾燥しているようで山頂東側から岡山方面の遠望が利く

201706121 岡山方面(白い建物が北長瀬のドーム形体育館)

201706122 中庄方面(中央中段にマスカットスタジアムが見える)

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

201706123

 山頂西側のあづまや、今日は休憩されている方がおられたので遠くから撮る

201706124

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201706125

 先週の地元新聞に福山のハイクコース(幸福の小径)が紹介されていたので ウィークディにしては車が多く駐車していたように思う。それでなくても この山はいつでも人が多く登っている山である。

いつもの小山(総社・福山)歩き、夏のような暑さの中を歩く

いつもの小山(総社・福山)歩き、先週から一週間ぶりに夏日の中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/10 09:20ごろ)

 一昨日ぐらいの新聞(別子)にこの山のことが紹介されていたので もしや多くの人が登っているのでは?と思いきや まぁいつもの週末と同じくらいの人であった。
 今日は晴天で直射日光をあびると ともかく暑い! でも風がいくぶん冷たいのがせめてもの救いである...
 ということで山頂にあるベンチも閑散としていた...

201706101 山頂東側の休憩場所(ベンチ)

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かであった

201706102

 山頂西側のあづまや

201706103

 山頂西側から清音、真備方面を望む、田畑ではトラクタが入り田植えの準備におわれていた、来週頃からは水が張られた田んぼが見られるに違いない、今日の所はまだ茶色のたんぼのようだ

201706104

 階段を下りていると小学校低学年の男の子とお父さんが階段を登ってこられていた、男の子が元気よく挨拶をしてくれたので こちらも「こんにちは、あと600段 がんばってね」とひと言付け加えてすれ違った、お父さんは結構 きつそうだったが...(^^;
 あとはいつもの歳を重ねられた常連さんともすれ違いざまに「お疲れさんです、気を付けて」と声を掛け合って別れた。 このように山はいろいろな人と出会うことができるので楽しい... 老人にはうってつけの運動だろう...

出雲大社 参拝 (2017)

毎年恒例になっている出雲大社に参拝してきた...(2017/6/8)
 昨年の参拝からすでに一年以上が過ぎており、また昨年はいろいろと試練の事柄があり 今年はその対応にあたらなければいけないのでそれらを神頼みする気持ちも込めて参拝してきた。

 昨年の参拝で頂いた御札を返して祈祷をうけ新しい御札を頂いてきた。

201706081 大鳥居(正門前)から南をみると白っぽい鳥居が見える

201706082 いつ訪れても風格を感じる正門

201706083_2 下り参道、今日はウィークディで人が少ない...

201706084 201706085 ショウブ(浄の池)

201706086 松の参道、神聖な雰囲気を感じる...

2017060811 ムスビの御神像(大国主神)

201706088 拝殿を遠くから撮る、境内では基本的に写真撮影は禁止されているはずなので...
 今日はこの拝殿でお祓いを受けた。

 大きなしめ縄が拝殿と神楽殿にある、「大しめなわ」で有名なのは神楽殿のしめなわである

201706087 201706089

 出雲大社西側にある大きな駐車場から少し西に走ると「阿国の墓」があり隠れたパワースポットとのことなので しっかりとお参りしてきた。

2017060810

<走行経路>
 倉敷08:00 -玉島IC-尾道JCT-(無料の松江道)-宍道湖JCT-出雲IC- 11:00 出雲大社

13:00 出雲大社 -阿国の墓13:10-出雲IC-宍道湖JCT-(無料の松江道)-尾道JCT-玉島IC- 15:50倉敷

 走行距離:往復 420.3km  ODD 29317km
(トリップA 平均燃費 17.2km ...これってカタログ燃費を超えている?)

 尾道から宍道湖までの無料区間は対面通行のため流れに乗っていない車があると そこで栓をされてしまいど~っと後ろに車の列ができてしまう、早く2車線になることを願っている。ということで この区間は車線変更ができないので アイサイトの自動速度追従オートクルーズがもっとも活かされる場面であり 今日は積極的に使って走ってみた、それにより右足の疲労度は少なくて済んだ次第である...

九州(佐賀)帰省メモ(2017/6/04~6/06)

九州(佐賀)帰省メモ

 往路: 2017/06/04 倉敷 07:30 玉島IC 07:45
   (富海PA 休憩 09:50~10:00) ~ 12:00 金立SA(昼食) 13:00
                       13:30 南里着 (470km)

      ガソリン 6/06 590.2Km (28428km  13.8km/L)

 復路: 2017/06/06 佐賀 11:45 佐賀大和12:20 ~ 17:17 玉島IC
      (美東SA 休憩昼食 14:05~14:40)    17:40 倉敷 (464.9km)

      (総走行距離: 1055.1km  ODO 28893km  15.7Km/L)

 往路は日曜だったが大きな渋滞、混雑が無くスムースに走行できた。
(休日走行のよかったところ:工事がない、大型トラックが少ない、
 高速料金が3割引ということで意外とGooであった)
 復路は平日で道路工事が多くあり、その間は必然的にスピードダウンとなるが
 致し方がない...
 また大型トラックも多くなって追い越し車線が時々混雑した。
 (工事手前 車線減少時:ひんやり1件)

・本人現況で入居可能なサービス付高齢者向け住宅 具体的な説明を受ける
           住宅型有料老人ホーム   具体的な説明を受ける
 → 本人の判断待ち(今週以内)
   これが決まれば施設入居手続き開始となる

 → お寺、墓、仏壇の処分方法等をお寺さんで情報収集のみ。
   (納骨堂は本日2017/6/6クローズしていただく)
   具体的な処理は未(後に墓石・削除→永代供養に移行することは決定)

いつもの小山歩き、階段の一部が修復される

いつもの小山歩き、一昨日のゲリラ降雨後で休日版の歩きを行う、総社・福山の1,234段の階段直登...(2017/6/3 09:40ごろ)

 一昨日の夜に雷雨があり短時間に相当量の雨が降ったようだ。その夜はTVの上部に大雨洪水、竜巻注意報が頻繁に表示されていたので...

 さて、370段付近の階段で枕木が完全に取り払われていたところが修復されていた、でもその4段上の階段は両側の杭が破損したままであった。枕木と土の間に隙間があり 不用意に大きな力をかけるといとも簡単にずれ落ちてしまい危険と思われる...

201706036 画像上部に白く横たわっている枕木が修復された階段、手前に(登り方向に)4段あがったところの枕木はずれたままである。

 朝晩の冷えがあるせいか 今日は遠望が利く。山頂東側から岡山方面(上の画像)、中庄方面(マスカットスタジアム)(下の画像)を望む

201706031

201706032

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである。

201706033

 山頂西側のあづまや、今日は休んでおられる方がいたので遠くから撮る

201706034

 山頂西側から清音、真備方面を望む

201706035

 今日は休日なので階段を下りている最中に多くの登ってこられる方々とすれ違う、その中には常連さんも何人かおられたが進路を譲った後、定番の挨拶だけですれ違っていった次第である...

PA機器の調達(B212D、215S、266sx)、7月のイベントに向け準備

毎年恒例となった近隣のスーパーマーケット・夏まつりでの おやじバンドの出演が決まり、 PA関連のボランティア(パソコンによるドラムパート演奏も含む)として参加するため その準備を開始した。

 昨年は夏まつりの途中でメインスピーカ、演奏者向けのモニタースピーカから音が出なくなると言うアクシデントがあり、メインスピーカは故障(ヒューズ切れ、入れ替えても再度切れる)、パワードミキサーのスピーカ出力にてパワーが弱くなってしまった、ゆえに本番では使用できないと判断して (自前で)自分の家でもDTMで使える小さなPAスピーカを購入した。

 ベリンガー B212D (ウーファ:280W/ツイター:65W RMS)

201706011

 家で使うときはコンボキーボード、リズムパッド等のスピーカとして配置、使用する
 自宅の狭い部屋で音を出すには形もパワーも大きすぎるが...(^^;

201706012_2

 また、スピーカに過大入力が入って破損する可能性を少しでも抑えるため リミッターも用意することにした、さらに安価なミキサーを使用するのでグラフィックイコライザーも揃えた。
 dbx のグラフィックイコライザー 215S
 dbx のコンプレッサー/ゲート 266sx (リミッターとして使用する)

 接続順は ミキサー => グラフィックイコラーザ => リミッター => パワードスピーカ

201706013

 コンプレッサーは左側の操作子だけで2Ch分の操作ができるので便利である(カップルON)
 接続はすべてXLRケーブルで行うことにした。

201706015 201706016

 機材がそろったところで音出しを行ってみたときの風景...

201706014

 部屋の床に直置きしているせいか低域がぼわぼわするので さっそくグラフィックイコラーザで低域をカット気味にしてみるなど各周波数の操作子を動かしてトラブルがないかチェックする。
 リミッター(コンプレッサー)については 初めて使用する機器なのでその働きなどを学びながら操作子の位置を確認した。リミッターとして使用するには スレッショルドレベルを高め(0)にして レシオを ∞:1にする。これにて入力信号がスレッショルド設定レベルを超えたら出力を急激に減衰させる。 これで 例えばマイクを床に落とすとか「ごつん」とどこかにぶつけたときにPAスピーカに過大入力信号が入りにくくする。

    (2017/6/1 チェック)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ