いつもの総社・福山(里山)歩き、台風一過のあと風が強い中を歩く...

いつもの小山歩き、台風の余波で風が強めの中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/10/13 09:30ごろ)

台風19号が関東、東北地方に大きな爪痕を残して遠ざかっていった。今朝からTVに映る映像は昨年の我々と同じような状況の映像が多く無念である。とても大変だが早期の復旧を願っている。

福山山頂は少々風が強いが天気は回復している。山頂東側のベンチは相変わらず休んでいる人がいない寂しい限りだ

20191013_01

福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20191013_02

山頂西側のあづまや

20191013_03

山頂西側から清音、真備方面を望む

20191013_04

小田川はおだやかである

20191013_05

ここ数年の豪雨、台風災害、地震災害はどうなっているのだろう、年に3~4件の大災害が必ずといってよいほど起こっている
災害の対応に関わる費用が相当な額にのぼっているはずだが国家予算はだいじょうぶだろうか...
対外国に対する防衛も重要だが 自国の国民生活も大事だと思うので ぜひ今後も起こるであろう災害に対する費用の予算もたっぷり準備してほしいところだ

台風19号の爪痕、多くの場所で大規模な冠水が見られる...

10/13の夜明けと共にTVに映し出された映像には まるで昨年の7月に我々の周りに起こったことと同様の状況が映し出されていた、正直 ショッキングな映像である

 東京都内の多摩川沿い、長野の千曲川で複数箇所、佐野市... もう場所がわからないところで大規模な冠水、浸水が起こっているようだ
 多くの民家、アパート、マンション、工場が泥水に浸かっているのが見て取れた。それぞれの住処に人が残されているのなら早急な救援が望まれる
 水が早くはけて復旧作業が始められるようになることを望むところである

いつもの総社・福山(里山)歩き、嵐の前の静けさか少々蒸し暑い中を歩く...

いつもの小山歩き、週課の後半で曇り空の元を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/10/11 09:20ごろ)

台風19号が関東地方の南方を北上中である。明日の夜には神奈川から千葉の間くらいに上陸する可能性である。現在は非常に強いクラスなのでこのままだと15号に匹敵する強さで上陸することになる、なんとか少しでも弱まってほしいところである... 中国地方は直撃をまぬがれているが明日には強風域にはいるかもしれないので注意が必要である。というところで今日は風も殆ど無く まさに嵐の前の静けさ である

福山山頂 東側のベンチ群はあいかわらず人気が少ない

20191011_01

福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20191011_02

山頂西側にあづまや、今日は西側も人気がない...

20191011_03

あづまやのテーブルには押しピンで留められた地図らしき物がある?...

20191011_04

山頂西側から清音、真備方面を望む

20191011_05

小田川はおだやか...

20191011_06

今日は歳を重ねた常連さんと山頂で少し話ができた。私が登っている途中に追い越して 先に山頂について一息入れた後下りようとしていたら丁度山頂に着かれた。普段は階段の途中ですれ違うだけで長話ができなかったが今日は山頂なので 少し世間話をさせて頂いた。
 話は昨年の真備の水害に掛け合わせて千葉の災害と台風19号による追い打ち被害についてとなった... ここで始めて私の家が昨年の水害で全壊の被害を受けたことなどを話し千葉の屋根の被害などと合わせて早く復旧されることを願った次第である。どうか台風19号の被害がひどくなりませんように祈るばかりである

トイドローン9thフライト、風に流されながら8の字飛行の練習を始める

秋晴れでとても気持ちのよい空気感なので ちょいと風があったが広場に出かけてきた
200g以下のトイドローンなので風の影響を受けやすく 動きを止めてからGPSが働くまで若干のタイムラグがあるようなので
動きを止めてしばらくはふらふらとしてしまう。その動きを抑えようと逆向きの動作をさせようとするが そこがなかなか難しい...
これまでは いびつながら円を描く練習をしていたが これからは円を二つつないで8の字をスムースに描けるように練習する
また そのときにトイドローンの向きをどうするかによって 前後左右だけで操作するのか 前後+回転(前を進行方向に向ける)、
左右+回転(前を常に内向け、外向け)など いろいろなパターンが考えられる。
 使っているトイドローンが操作モード2のみなので まずは右のジョイスティックだけで操作ができる方法で練習をする
前後左右だけの動きで8の字を描くのだが 手始めに円ではなく四角形のような動きで8の字もどきの動きを練習する...

さて、スムースに描けるようになるのは いつになるのかなぁ~

20191009_01

いつもの総社・福山(里山)歩き、本当の秋の涼しさを感じながら歩く...

いつもの小山歩き、週課の中日で涼しい空気の中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/10/09 09:25ごろ)

 関東以西が晴天となった今日は吉備の里も青空を空一杯に楽しめるすがすがしい日となった。
 階段歩きもペースを少し上げてみたくなる気分だが左足の具合がまだ心配なので自重しながら歩く

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20191009_02

山頂西側のあづまや、ウィークディでも西側の休憩場所は意外に人が多い... なので遠くから撮る

20191009_03

山頂西側から清音、真備方面を望む

20191009_04

小田川は今日も穏やかである

20191009_05

左足の故障から一ヶ月以上が経つ。登りに関しては足の痛みが出ることはないが下りはちょっと足を伸ばしたり曲げが大きくなると痛みを感じることがある。でも痛みが後に続くことが無くなったので時間が薬かなぁ... それにしても治るまでに時間がかかるようになった、歳やなぁ~(-_-)

いつもの総社・福山(里山)歩き、秋晴れでひんやり感の中を歩く...

いつもの小山歩き、週課の初日で秋の空気を満喫しながら歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/10/07 09:20ごろ)

 今朝は気温も低めだったのでアプローチには長袖のTシャツで駐車エリアまでいったが歩き始めるときはいつもながらの半袖Tシャツ姿にする。気温が低いといいながらも20℃前後はあるので歩き始めるとすぐに汗が出始めるためである。
 福山山頂の東側から玉野方面を望む、ススキのむこうに望める山々は少々もやっている

20191007_01  

 階段の頂上付近、山頂西側に当たり 若干日当たりが少ないので暑い時期は陰間で休まれる方が多い。先週くらいに階段の両側の笹が刈られた

20191007_06

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20191007_02

山頂西側のあづまや

20191007_03

山頂西側から清音、真備方面を望む

20191007_04

小田川も静かに流れている

20191007_05

 階段を登っていると下ってくるハイカーとすれ違うが そのときに徐行してくれる人、まったく速度を緩めずにすたすたと下りていく人etc いろいろな人がおられる。今日は5人の方とすれ違ったがそのなかでしっかりと私の進路をあけてくださったのは一人であった。階段の幅が80~90cm位あるので一方の人が端に避ければ体どおしがふれることはないが登りながら避ける動作は結構しんどいときがある。ということでたとえハイク道といえどマナーを守って頂けると安全性が高まると思う今日この頃である...

いつもの総社・福山(里山)歩き、秋晴れ、秋の空気を満喫しながら歩く...

いつもの小山歩き、週課の休日版で秋晴れの元を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/10/05 09:15ごろ) 

朝晩はやっと涼しくなり凌ぎやすくなってきた。今日は秋晴れですがすがしさを感じる中を歩いてきた
福山山頂のベンチ群も温かいお日様が恋しくなり始める頃でもある

20191005_01

福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20191005_02

山頂西側のあづまや、こちら側のあづまや、ベンチは暑い時期に人気が高い。影が多く涼しいからかな?

20191005_03

山頂西側から清音、真備方面を望む。青空の下、真備の田畑の稲がだんだん黄金色に変わってきた

20191005_04

小田川、今日もおだやかだ...

20191005_05

真備の街中は旧家屋、新築家屋、そして更地で売り出しの看板が目立つようになった。家屋の解体を公費で行うことができるので昨年暮れからこの頃までいたるところで重機による解体するところが見られたがやっと落ち着いてきた... さて ここ数年でどれくらいの人が真備に戻ってこられるのだろう... 子供がおられる家庭は戻ってこられることが多いと聞く。それに引き換え高齢の二人暮らし、一人暮らしの方のなかには この地を離れて行かれる方があるともきく。新しい家を持つと考えるとき、また昨年のような浸水被害に遭う可能性を考えるとわかるような気がする...

トイドローン8thフライト、ともかく基本操縦練習

少々風があったが なにより良い天気に誘われて久しぶりに広場に出てトイドローンの練習をする

20191004_01

今日は目標を決めて その周りを大きく回る練習をしてみた
ジョイスティックの動きとドローンがじんわり飛行動作変化を始めるポイントが未だにうまくつかめていない
急にガクンと動き始めたりするので どうしてもぎこちない飛行になってしまう... 
ともかくゆるやかに動かせるよう感触がつかめるまで練習あるのみ...

バッテリーを2つしか所持していないので すぐに電池を使い果たしてしまい短時間しか飛行できない
でもバッテリーが意外と高価なので しばらくはこのままかなぁ~

20191004_02

遠目に見ると相変わらずピクニック気分...

20191004_03

PASMOのキュッシュレスポイント還元登録をしたが さて、地方ではメリットを活かせるのかなぁ~

以前、東京出張が多かったので都内の移動で便利なPASMOを所有していたが... このところ諸般の都合で東京には出向くことが無くなったのでPASMOカードによるポイント還元が得することになるのか疑問が出てきた...

今回の消費税増税で交通系ICカードでもキャッシュレスポイント還元を受けることができるとのことだったので あまり深く考えずに登録をおこなった。
で、実際にポイント還元を受ける処理についてTVで紹介されていたので その内容によると...

・3ヶ月ごとにメールでポイント数を通知される
・ポイントの還元は登録しているPASMOカードにチャージされる
・事務局から『指定された最寄りの駅』に出向いて駅員さんにその旨説明してPASMOードに還元ポイントをチャージする
・カードの上限を超えてポイント還元チャージができない。ポイント還元分をカードの上限まで分割することは不可能とのこと

ここで不安になったのが 『指定された最寄りの駅』 である
現在、地方(倉敷)に住んでいるのだが PASMOは本来東京近郊で便利な交通系ICカードなのでポイント還元を受けるために出向く駅が都内の駅になるのではないか?という不安がある。
数千円分のポイントチャージを行うために 数万円の交通費を使って都内の駅まで出向かないといけないのか...

できれば通常のチャージのように コンビニで簡単にポイント還元分のチャージができると助かるが...

いつもの総社・福山(里山)歩き、雨雲を避けてひんやり感の中を歩く...

いつもの小山歩き、週課の中日で雨が止むのを待って遅めの時間に歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/10/02 10:20ごろ)

台風18号の影響を受けて曇り空の中、時雨れていたがネットで雨雲の動きをチェックすると雨雲が切れそうなタイミングがあったので その時間を狙って歩く
雨上がりの登山道端には花がしずくをたくわえて いつも以上に色鮮やかに咲いていた

20191002_07

今日は気温が低めで山頂はひんやりとした空気が漂っておりとても爽やかな感じであった、体は熱く汗だくだったが...
山頂東側から北長瀬の岡山ドームの白い建物がよく見える

20191002_01

天気が悪いせいか山頂東側のベンチは無人であった

20191002_02

福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20191002_03

山頂西側のあづまや、こちら側は休憩している人が多いので遠くから撮る

20191002_04

山頂西側から清音、真備方面を望む

20191002_05

小田川の様子、いつも通り おだやかである

20191002_06

今日はウィークディだが水曜は比較的歩く人が多い。短パンで明らかにトレラン目的の人、年齢が高めのハイカー等々、天気が少々悪くても人が多いのが福山の特徴と思われる...

«いつもの総社・福山(里山)歩き、空は秋の青空だが気温は暑い中を歩く...

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ