家族車(軽)のパンクメモ

家族(主に女性陣)が使っている軽自動車がパンク(左前のタイヤ)していた...(2019/6/17 早朝)
 荷物を積むために家の駐車場所から車を動かすと なにやらごりごりと音がして車が傾いている、パンクやっ!と女性陣の騒ぐ声がする
 タイヤをよく眺めてみるとネジ釘がタイヤの中央付近に突き刺さっている、まずこのネジ釘の穴から空気が漏れていると考えられる
 この車はスペアタイヤがなく救急修理用の薬剤?と空気ポンプがついていたが 大きなネジ釘の穴に救急修理キットで一時的に塞げるのか不安で有り、救急修理キットを使うと後の対処が面倒という情報がネット上にあったのでタイヤを外してガソリンスタンドに持って行き修理することにした。(取り外し:20分、取り付け:10分)
 ドライバー曰く、昨日 被災後の修復工事を行っている小学校に子供を連れて行ったのでそのときに突き刺さってしまったかもという談話があった...(^^;

20190617_01  

 ジャッキアップしていない状態で4つのナットを少しだけ(90°くらい)緩める
 ジャッキアップ後にぐるぐるとナットを回して外してからタイヤを外す

20190617_03

 タイヤだけ持って行く

20190617_02

 ガソリンスタンドであっというまに修理完了
(ネジ釘を抜いてその穴をきれいにほぐしてゴムを詰めてなにやら修理剤を流していた...)
持って帰ったタイヤを車に戻してネジ締めを行い作業完了
・ジャッキアップしている状態でタイヤを4つのボルトに合わせて奥まで褒め込む
・4つのナットを手で締め込みながらホイルのテーパー状のネジ穴に均等になるよう仮締めを行う
・ある程度の強さで4つのナットを対角線締めしてから ゆっくりジャッキを下ろしていく
・完全にジャッキがボディーから離れたことを確認してジャッキを取り出す
・再度4つのナットに対して対角線締めである程度の力で締め込む

20190617_04  20190617_05 修理後の部分

 ナットの締め具合、空気圧をプロの目でチェック、調整をしてもらうためにディーラーかガソリンスタンドへ車を持ち込んでくれるように女性陣に頼んでおいた

 なにせど素人の私がナット締めを行ったので 走っている最中にネジが緩みタイヤが外れたら大変なので...(-_-)
 なんかタイヤ自体が結構痛んでいる様子... そろそろタイヤ交換の時期かも...

いつもの総社・福山(里山)歩き、雨上がりで蒸し暑い中を歩く

いつもの小山歩き、このところ週課のペースが乱れているが昨日歩けなかったので日曜に歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/06/16 09:25ごろ)

 昨日は一日中雨が降り続き 降り方はさほど強くなかったが昨年の7月豪雨を思い出して何度も家の周りをみて田んぼが浸水し始めていないかチェックをした次第である、幾分トラウマ化しているのかな...?
 今日は休日のせいか走る人、歩く人が多かった。走っている人は例のごとく登る人とすれ違うときも殆ど速度を緩めること無く駆け抜けていかれた。階段の両サイドの笹が雨に濡れているためどうしても中央よりを歩くことになり危険なすれ違いが何度かあった。毎度 思うことだがハイク道を使う目的は自由であるが 使う上で最低限のマナーがあることを認識の上で使ってほしいところである、またペット連れの人も登ってこられていたがこのハイク道が私有地であることについて認識をしていただきたいところである。

 福山山頂の東側のベンチには忘れ物と思われるタオルが...

20190616_01

 歩いている途中にたくさんの人とすれ違ったが私が山頂東側に来たときはどのベンチも空きであった

20190616_02

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190616_03

 山頂西側のあづまや、今日は休んでいる方がおられたので片隅だけ撮る

20190616_04

 山頂西側から清音、真備方面を望む、多くの田んぼに水が張られ田植えが最盛期を迎えているようだった

20190616_05

 小田川はいつもより水量が多かったが水位は河川敷より下で、昨日の雨でも問題になるようなことはなかった

20190616_06

 今日は歩く人が多かったので 歴史広場に駐めている車の台数も多かった、これほどの台数を見るのは久しぶり!

20190616_07 20190616_08

いつもの総社・福山(里山)歩き、午後から降るであろう雨の前に歩く

いつもの小山歩き、週課のペースなら土曜の歩きになるのだが明日は雨の予報なので今日のうちに歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/06/14 09:07ごろ)

 天気予報によると今日の午後から明日までまとまった雨が降る予想なので週課でいう土曜から一日早めて金曜に歩いた
歩いている最中は曇り空で時々陽が差すこともあったが ともかく蒸し暑い...
山頂からの展望も湿度の影響と思われるが遠くがもやっている

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190614_01

 山頂西側のあづまや

20190614_02

 山頂西側から清音、真備方面を望む

20190614_03

 小田川はいつもの穏やかさである

20190614_04

 今日はウィークディだが登り中に2パーティ、下りに3パーティとすれ違った。年齢層は殆どがリタイヤ組のようだったが...
昨年の豪雨で決壊した小田川の支流の現況復元工事がほぼ終わったというニュースが流れていた。我が家は支流の末政川の東側が
決壊して濁流が流れ込んだのだが 少し多めの雨になると やはり心配になる... どうか大雨になりませんように...

 今朝の新聞に鏡野町上斎原の恩原高原スキー場でニッコウキスゲが見頃になっている話題が載っていた
 わかぁ~い頃、信州・霧ヶ峰とか蓼科山に出かけてニッコウキスゲの中を歩いていたことを思い出す、
 生きている間にもう一度足を運んでみたいものである...
 信州の山々に

いつもの総社・福山(里山)歩き、真備の水田に水が... これは田植えのためで嬉しい様子を眺めながら歩く

いつもの小山歩き、週課の中日で曇り空の蒸し暑い中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/06/12 09:15ごろ)

 福山山頂から真備方面を望むと稲田に水が張られあたかも昨年の夏を思い出させる風景が... 
いやいや これは田植えのためであり2018西日本豪雨で被災しても次の年には こうやってしっかりと
田植えができるまでに人々の気持ちが前向きになっている たのもしい様子であると思う

20190612_03
 真備の町では家の取り壊しとか、新築の家が目につくようになってきた
ゆっくりとではあるが人々が戻ってきているようで嬉しい限りである
我々の家は1Fが天井まで浸かり全滅だったので1Fだけリフォームして4月末に真備に戻ってくることができた

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190612_01

 山頂西側のあづまや

20190612_02

 山頂西側から清音、真備方面を望む

20190612_04

 小田川も おだ やかな流れだ

20190612_05

 階段第一段手前の道ばたにきれいな花とその木に実がなっている

20190612_06 20190612_07

 今日はウィークディだけれどもそれなりに歩いている人が多い
 そして健脚の方を目にした、私が階段の300段あたりを登っていると後ろからすたすたと足音が...
 瞬く間に追い越され どんどん登っていく人がおられた。今日は私のペースで山頂まで20分30秒だったので
その方はおよそ15分前後で山頂まで登られたと思う。すごい!... 私が今後何年かかっても15分というペースで
登ることは無理であろう... 恐れ入りました(_O_)

いつもの総社・福山(里山)歩き、少し気温が下がった中を歩く

いつもの小山歩き、週課の初日で真夏日の気温に上がる前に歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/06/10 09:32ごろ)

 夜が明けた頃は気温が低めであったがお日様が顔を出すと気温が上がり始めてすぐに25℃を越えてしまったようだ。
 歩き始めるとすぐに腕のあたりから汗がにじみ始め山頂に着く頃には たっぷりと汗をかいてしまった。
 空気中の水蒸気も土曜から比べると多いようで遠方は若干かすみがかかったように見える
(山頂東側から岡山方面を望む)

20190610_01

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190610_02

 山頂西側のあづまや

20190610_03

 山頂西側から清音、真備方面を望む。田に水が張られ田植えがおこなわれるようになってきた

20190610_04

 小田川は穏やかだ

20190610_05

 日曜から一夜明け月曜は歩く人が少し減る、これは致し方が無いことだ。それでも階段を往復していると2~3パーティとすれ違うので相変わらず人気が高い山である。

いつもの総社・福山(里山)歩き、雨で空気が一掃された中を歩く

いつもの小山歩き、週課の休日版で暑く風が強い中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/06/08 09:50ごろ)

 昨日はあたかも梅雨入りを思われる雨降りだったが今日は雨もやみ夏を思わせる暑い日となった。でも前線の影響が残っているようで風が強く雲がまだらに浮かぶ天気である。
 昨日の雨と今日の強風で空気中の湿気が飛ばされたのか 山頂からの風景がすっきりと見渡せる
 山頂東側から岡山、玉野方面を望む

20190608_01 20190608_02

 視線を南側に落とせば 中庄付近が見える、マスカットスタジアムも今日はクリアにみえた

20190608_03

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190608_04

 山頂西側のあづまや、今日は大盛況でベンチが埋まっていたので木に隠れたまばらな風景を撮る

20190608_05

 山頂西側から清音、真備方面を望む

20190608_06

 小田川は昨日の雨でも流れは殆ど変わりなく おだ やかだ

20190608_07

 階段の登り口に通じる登山道の道ばたにきれいな花が咲いていた

20190608_08 20190608_09

 今日は階段を下りていると 2人組のパーティから声をかけられた
 私が仮設住宅に住んでいる間、持病の薬を出してもらっていたクリニックの方だったのだが
クリニックではめがねをかけておられていたので今日、階段の途中ですれ違ったときには私は気づかず
通り過ぎてしまったのだが 少し離れて向こうから声をかけられた次第である。
真備の家に戻ったetc の世間話を少しだけ交わしてわかれた

 こういう偶然があるのも小山歩きの楽しみである

いつもの総社・福山(里山)歩き、今季一番蒸し暑い中を歩く

いつもの小山歩き、一週間ぶりに週課の中日の歩きを行う、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/06/05 09:15ごろ)

 6月に入り所用で佐賀に出かけていたので週末、週頭の歩きができなかったのだが当初の予定より早く戻れたので歩くことにする。今日は蒸し暑いなかにも青空がのぞく好天となったので里山歩きには少々暑すぎるが一週間歩いていなかったので無理をしないようゆっくりと歩くことにした。

 山頂東側のベンチをいつもと違うアングルで撮っ てみた

20190605_02_1

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190605_01

 山頂西側のあづまや

20190605_03_1

 山頂西側から清音、真備方面を望む

20190605_04_1

 山頂西側から小田川を望む

20190605_05_1

  たった一週間のブランクなのだが階段歩きのペースがあがらない。昨年秋以降に時々動悸のようなものがあり投薬を飲んでいるのであまり無理をしないよう 今日は足慣らし、心臓慣らしのつもりで歩いてきた。早く週2~3回の歩きに戻し 体力維持をはかれるようにしたい。

# 佐賀所用:義弟 四十九日法要、市役所/保険事務所 各種届出、施設精算

九州(佐賀)帰省メモ(2019/6/1(土)~6/4(火))

6/1 佐賀に移動...
 土曜なので高速道の工事が無く片側走行規制がないのでスムースに走れた
 ただ、相変わらず追い越しが終わっても追い越し車線を走り続ける車が多く その車を先頭に後方に車が数珠つなぎになり
 糞詰まりになることが結構発生した
6/4 倉敷に移動...
 ウィークディなので高速道は工事による片側走行規制が多くスローダウンすることが多くあった。またこちらが追い越し車線を
 走っていると前方直前に大型車が追い越し車線に出てくることが多くブレーキを踏まざるを得ない状況が多くあった、これは
 何とかならないものだろうか

 一般道では 「岡山ルール」といわれた行為が佐賀でも頻繁に出てくる。車線変更で方向指示出さず、交差点で信号が
 変わるタイミングに方向指示を出す、赤信号で交差点突入etc どこでも一緒だ...(^^;

 往路:477.1Km(倉敷9:00 ~玉島IC~佐賀大和IC~ 佐賀14:30)
         到着後すぐにガソリン補給 55099km 28.3L 15.3km/L セルフスタンドでバンバー虫取り

    6/1~6/3 雑務で佐賀市内走行 61.7km 55161km  9L 8km/L

 復路:467.6Km(佐賀9:00 ~佐賀大和IC~玉島IC~ 倉敷14:30)
    55628Km 15.6km/L

 総走行距離:1006.4Km
           タイヤ交換後、3703Km走行

#brother-in-law 法要、市役所年金・相続手続き、施設精算...

いつもの総社・福山(里山)歩き、空気一新ですっきりした展望の中を歩く

いつもの小山歩き、昨日の雨で空気が浄化されひんやり感のある中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/05/29 09:05ごろ)

 一昨日まで夏日から真夏日の気温を突破していたのだが昨日はぐずついた天気で一時本降りになったりしたが そのおかげで空気中のゴミと水蒸気が洗い流され今日は気温が低いこともあるクリアな視界を楽しめた。
 福山山頂の東側から岡山、玉野方面がすっきりと望めた

20190529_01

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190529_02

 山頂西側のあづまや、今日は休んでいる方がおられたので遠くから撮る

20190529_03

 山頂西側から清音、真備方面を望む、段々青空が広がってきた

20190529_04

 山頂西側から小田川を望む、穏やかな流れ...

20190529_05

 今日はウィークディで時間も比較的早かったので登るときは静かな階段歩きだったが下山する頃には少し歩く人が増えて いつもの福山の賑わいとなってきたようだった。福山、幸山を歩く「幸福の小径」にはたくさんの登り口がありハイクコースが縦横に設定されているのでバラエティに富んだ歩きが楽しめる、上りと下りでコースを変えて歩くなど... そのなかでも私が週課にしているのは福山名物の1,234段の階段で福山往復をするコースである。上り約20分、下り約9分、上りの時間短縮を命題にしているが なかなか20分の壁を破れない... これから歳をとってくるので20分を切るのはもう無理かも...

いつもの総社・福山(里山)歩き、もやって蒸し暑い中を歩く

いつもの小山歩き、カンカン照りの朝曇りで蒸し暑い中を歩く、総社・福山の1,234段の階段直登...(2019/05/26 09:25ごろ)

 週課の日割りでいくと土曜日に歩くことになるのだが昨日は孫の運動会でにわかカメラマンをしていたので一日ずらして日曜に歩く。
 昨日と打って変わって午前中は空がもやっており見通しが悪い、水蒸気なのかPM2.5なのかわからないが蒸し暑い天気である...

 今日はあるパーティが階段を走っておられるため とても歩きにくい、かなりの速度で階段を下りてこられて登っている人とすれ違うときも 全く速度を落とすこと無く 下っていかれるのである。
 一言で言って危険です。登っている人はかなり息が上がっている人もおられるので足下がふらつくことがあり もし、登る人がよろけて速度をだして下りてくる人と接触するところんで怪我をする可能性がある。
 階段を使う目的は人それぞれでかまわないのですが できればハイク道、登山道のマナーを守って頂きたいと思う次第である。問題が起こってからでは遅いので... (通常、ハイク道、登山道では登り優先というマナーが存在しています)

 福山山頂はいつものごとく広く明るく静かである

20190526_01

 山頂西側のあづまや、今日は多くの方が登っており西側のベンチも東側のベンチも満席だった

20190526_02

 山頂西側から清音、真備方面を望む、もやっており見通しが悪い

20190526_03

 小田川、もやって流れが見えず...

20190526_04

 今日は日曜のせいか とても人が多かった。山頂のベンチが東西とも埋まっていたし、階段を登る人も多かった。なので駆け足で狭い階段の往復を繰り返す方々が危ないなぁ~と思ったのは私だけ?...

«いつもの総社・福山(里山)歩き、天気が回復して一転暑い日々の始まりの中を歩く

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ